いっしょに歩こう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 別れと誕生の夏だった。

<<   作成日時 : 2015/09/28 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1999年の春に産まれた実家の猫が

7月28日に亡くなった。

大事な大事なかけがえのない
家族でした。



それを私が知ったのは9月12日の夜。

お産してちょうど1ヶ月の日でした。

画像

よしこちゃんは、切迫早産の娘の手伝いと

愛猫の入院と同時に2つの事を抱えていたのです(;_;)



愛猫ジャッキーはもともと私が結婚前にマンションで飼っていた猫で

結婚してペットの飼えない借家に引っ越してしまい

それからずっと実家で暮らしていました。


よしこさんは、切迫早産の私に心配をかけせるわけにはいかないと

私に話さなかったのです。

何も知らずにずっと甘えていました(;_;)


よしこさんにとって長年暮らしてきたジャッキーとの最後の時間を

私が奪ってしまっていた事を

本当に悔やみました。


私にとにかく心配かけないように…


我が家に手伝いに来て、また実家に帰っていく車の中で

たくさん泣いていたと聞きました。


そしてまた我が家に来ると元気な顔で来てくれていました。

7月28日朝、ジャッキーが亡くなりました。

何も知らない私はその日の用事を実行するために

take君を預けて出かけた日でした。


本当に本当につらかったでしょう。

知っていたらキャンセルしたのに(;_;)

最後の時間をずっと一緒に過ごさせてあげることができたのに(;_;)


知らなかったとはいえ、

本当にごめんなさい(;_;)(;_;)


28日午後、よしこさんは何だかいそいそと帰っていきました。

亡くなったジャッキーを病院に迎えに行き、

一晩一緒に過ごしたそうです。

翌朝、火葬しに友人と行ったそうです。


たくさんたくさん一人で泣いたと話していた。


聞いてからしばらく胸が苦しかった(;_;)


その半月後にyuraが産まれた。


大切な家族との別れ、

新たな家族の誕生。


よしこさん、本当に大変な夏だったね。




ジャッキー16年間、私たち家族と共に歩んでくれてありがとう!

最後の時間、お母さんと過ごさせてあげられなくてゴメンね。

天国でお父さんに会えましたか?


ずっとずっと忘れないよ。


9月28日。

半年ぶりに実家に帰りました。

体育祭の翌日で姉もいたので、お墓参りです。

父にyuraが無事に産まれた事を報告して

ジャッキーにも手を合わせてきました。


画像

骨壺を抱っこさせてもらった。

何だかあたたかさを感じた。

涙が止まりませんでした。



画像

3月末。この時が最後となってしまった。


画像

最後にもう一度撫でてあげたかったな。

いろいろな思い出がよみがえってきます。



画像

take君も半年ぶりのよしこさん

もしかしてよしこさんがもう我が家の住人だと思っていたのでは?w


それくらい、長いことお世話になった!



画像

yuraは初実家です。

腹這いで何をしてるのかってw


鼻くそ君を出してあげるための戦いですw


このあと、大泣きして鼻水と共に大きなアイツが出てきましたw

鼻呼吸がすっきりしてご機嫌さんです♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
別れと誕生の夏だった。 いっしょに歩こう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる